あなたは光 by Dr. キャサリン・シェインバーグ 2023年12月

あなたは光です。

これは単なる比喩や慰めの言葉ではなく、事実です。この事実を理解することには大きな意味があり、あなたの本質が、
光から生まれたことを意味していて、聖書ではこのように記されています。

「神は『光あれ』と言われた。そして光があった。」

科学もこれに同意しており、創造は光の爆発とともに始まり、あなたの存在がその光の爆発の産物であり、起源と本質の両方で
あることを意味します。でもそれは、私たちドリーマー(夢見をする者)にとっての「道」についても語っています。
「光のカバラ」(キャサリンの著書、The Kabblah of Lifht) の中で、私はこのように述べています。

「これは悟りへの 試練であり、真実の道です。この夢見のカバラは光のカバラとも呼ばれ、他の形態のカバラとは異なり、
より高い意識のレベルにアクセスするために、イマジネーション(心象)に限定した実践だけを行なってます。」

季節による光の変化を強く意識するこの時期、暗闇の最も深い場所に近づく私たちは、光が私たちの旅の源であり、
手段であり、目的であるというこの深遠な記憶を手にすることが出来ます。私たちが自分の道やハートを失わないように、
つまり、物事の見た目に圧倒されたり、気を取られたり、惑わされたりすることのないように、そして光であることの意味を
再確認するために、このブログを書いています。

光はあなたの中にあり、あなたは光の一部です。私たちは何を忘れているのでしょうか?

自然のサイクルを見てみましょう。私たちは、季節の光が弱まったり強まったりすることを、私たちの外部にあるもの、
つまり自分たちが作り出すものではなく、私たちに影響を与えるものだと考えています。しかし、ハヌカやクリスマス
といった伝統は、私たちが最も暗い時期を通り抜ける間、内なる神殿の中で光を灯し続けなければならないと教えています。
私たちは共同創造者なのです。今週祝われるハヌカの物語は、暗闇から奪い取った戦争と勝利、奇跡と荒廃の爪からもぎ取った
感謝について語っています。私たちは内なる神殿の中で光を灯し続け、新しい世界秩序が古いものの廃墟から出現するその日
まで旅を続けなければなりません。クリスチャンであれば、私たちの内なる星に注目するために、肉体、ハート、そして
マインドを三人の王として伴わねばなりません。私たちは、光の祝祭であるハヌカと、一人ひとりの内なる光の子の祝祭である
クリスマスが思い出させてくれる信頼を保たなければなりません。

「深い暗闇の地に住む者たちに、光が輝くでしょう」(イザヤ書9:2、NLT)

私たちは悪いニュースに囲まれており、戦争、銃撃事件、病気、腐敗、欺瞞 ― これらが私たちの日常のようです。
このような攻撃に直面すると、ほとんどの人は恐怖や怒り、あるいはその両方で反応しています。
これには自分自身の過去のトラウマや満たされない希望による個人的な経験が加わっています。私たちはこれらにも向き合い、
自分の肩に背負っている恐怖、怒り、失望を払いのけなければなりません。これらを放置すると、あらゆる形の悪を
引き起こしてしまいます。そしてそれを補強するために、私たちは盾、鎧、分離の壁を築き、悪を強め、他者を抑圧者とし、
自分たちを被害者として烙印を押します。**他者を悪者にする誘惑に負けてはいけません。その代わりに、私たちは自分の
鎧を脱ぎ、緊張と恐怖を解放し、光が私たちを公平で、思いやりのある、バランスのとれた反応へ導くことを信じなければ
なりません。答えは私たち一人ひとりの中にあるのです。

私たちはしばしば、私たちを貫流するひとつのフィールド(私はそれをドリームフィールドと呼んでいます)の一部である
ことを忘れがちです。創世記はそれを深淵から湧き出る大河として描写し、それが北、南、東、西への四つの大きな支流に
流れ込んでいると記述しています。この大河はすべての土地と海、すべての生き物、そして私たち人間を含むすべてを灌漑
します。ですから、互いに戦ってどうするのでしょうか?私たちはどうして、自分が光であることを忘れて、何をして
いるのでしょうか?

もし私たち一人ひとりがこのひとつのフィールド、大河 、に浸っているのであれば、夢やイメージから創造が湧き出し、
絶えず再形成され、変容していきますから、それぞれが世界のティクン(修正)に積極的な役割を果たす必要があります。
集合的無意識の力を本当に信じるなら、個人的、家族的、部族的な結びつきを超えて、自分だけでなく、私たちに影響を
与えるもの、私たちが影響を与える全てに対して責任を負う必要があります。このひとつおフィールドが私たちに反応し、
私たちもそれに反応するという、終わりのない相互作用の遊びを理解することによって、一人ひとりが、自分と世界に
私たちが切望する秩序と健全さを取り戻す変化を起こすができるのだと信じて、積極的な役割を果たす責任があります。

個人的なティクンの作業が世界のティクンに積極的で変革的な役割を果たすことを疑わないでください。他者を自分の恐怖や
怒りの原因として非難し続けるなら、私たちは自分自身、自分のコミュニティ、そして世界の未来に否定的な貢献をすること
になります。マカベアたち(紀元前2世紀のユダヤ指導者の一族)ように、ティクンの力を信じて健全さ、秩序、平和に
至ることができれば、私たちは自分の光を偉大な生命の木の灯火に加えることになります。

明かに光が欠如していることに直面したなら、内面を見つめてください。光はきっと現れます。
なぜなら、あなたが光だからです。内なる光を使って生命の木(メノーラの木やクリスマスツリー)を明るく灯してください。
内面的な行動は外面的な行動と同じくらい大切です。


エクササイズ | 生命の木に光を灯す

目を閉じます。3回息を吐きながら3から1まで数えて、その数字を見てください。
数字の1が高くそびえた立ち、はっきりと明るく輝いているのを見ましょう。

1年でで最も長く暗い夜に、あなたが生命の木の麓に立っているのを想像してください。
そのシルエットはほとんど識別できませんが、その香りを嗅ぎ、樹皮に触れることができます。

息を吐きます。空を見上げて、あなたの星を見つけるために腕を伸ばし、その光の輝きを掴んで、
ハートの中のキャンドルに火を灯します。

息を吐きます。ハートからキャンドルを取り出したら、木を登りながら、
木のそれぞれの枝にキャンドルに火を灯します。

息を吐きます。木の頂にある星にあかりを灯しましょう。

息を吐きます。木から降りるとき、あなたの炎を木の頂上のあかりの灯った星に、
そして火の灯ったすべてのキャンドルに触れて、あなたのての中にある輝きが巨大な輝く光にしましょう。

息を吐きます。木の麓に立って、巨大な輝く光をハートに入れましょう。
今、木とあなたのハートが灯されています。その木を見ると何が起こりますか?

息を吐いて、目を開けましょう。

健全さと平和を切望する世界中の人々と集いましょう。彼らは疑念を払いのけ、
恐怖や敵対的な信念体系を脇に置くでしょう。互いに手を取り合って、ハートを輝かせましょう。
私たちは共に世界を修復することができるのです。

光の祭りおめでとう、

キャサリン

 

You Are the Light | by Catherine Shainberg, Ph.D. | December 2023

You are the Light.

This is not just a metaphor or a comforting reassurance.  It is a fact.  It is of great significance, understanding this fact.  It means that your essence arose from Light – “And God said, ‘Let there be light, and there was light.’”   Even science agrees:  creation began with an explosion of light and that means that your being is a product of that explosion of light, both in its origins and in its essence.  But it also speaks of our path as Dreamers.  As I wrote in The Kabbalah of Light:

“This is a tried and true path to enlightenment….This Kabbalah of dreaming is also called the Kabbalah of Light – unique among other forms of Kabbalah, in that it limits its practice to imagination…. to access higher levels of consciousness.”

At a time of year when we are all keenly aware of the seasonal changes in light, where we approach the nadir of the dark,  we can have this profound remembrance of Light as the source, the means and the end of our journey as travelers though life. I am writing to remind us not to lose our way nor to lose heart –  not to become overwhelmed, distracted or deceived by the appearance of things, not to forget what it means to be Light.

The Light is in you and you are of the Light.  What are we forgetting?

Let’s look to the cycles of nature. We think of the diminishing and increasing light of the seasons as something external to us – something which impacts us rather than something we co- create. But our traditions – Hanukah, Christmas – tell us otherwise. We must ignite the light even as we travel through times of deepest darkness, in nature and in the world of human events. We are co-creators.  As in the story of Hanukah, celebrated this week, that speaks about war and victory wrestled from the darkness, of miracles and of gratitude wrenched from the claws of desolation, we must ignite the light within our inner temple and keep it alight until we have traversed to the day when a new world order will arise out of the ruins of the old. If we are Christians we must bring our three Kings –  the body, the heart and the mind – to focus on our inner star.  We must keep the trust that Hanukah, the feast of the lights, and Christmas, the feast of the child of light within each one of us, remind us of. “For those who dwell in a land of deep darkness, on them a light will shine.” (Isaiah 9:2, NLT)

We are surrounded by bad news.  War, shootings, diseases, corruption, deception –  these seem to be our daily fare.  When faced with this onslaught most humans react with fear, anger or both. Compounding this is our personal experience,  with our own past traumas and unfulfilled hopes.  We must face these, too, and clear out the fear, anger, and disappointment we carry on our own shoulders,  for left unattended these set in motion all forms of evil. And reinforcing that, we erect shields, armors, walls of separation, intensifying the evil and branding others as oppressors and us as victims. We cannot let ourselves be tempted to vilify the other. Instead, we must drop our armor, release our constriction and fear, and trust that the light will guide us to respond equitably, compassionately, and in balance. The answer is within each one of us.

We often forget that we are all part of a unified field (I call it the DreamField) that runs through us. Genesis describes it as the great river rising out of the deep and irrigating the Garden, flowing into the four great tributaries to the North, South, East and West.  This great river  irrigates all lands and oceans, all living beings, including us humans. So, what are we doing fighting each other? What are we doing, forgetting about the Light we are?

If indeed each of us bathes in this unified field –  the great river –  through our dreams and images from which creation springs, re-forms and transforms constantly, each of us has an active part to play in the tikkun (correction) of the world. If we really believe in the power of a collective subconscious, below the personal, familial or tribal associations, we must each take on the mantle of responsibility not only for ourselves, but for all that affect us and all the we affect – others and the world around us. Understanding that this unified field responds to us and we to it, in endless interactive play, we are each and every one of us responsible for taking on an active role, trusting that we can make a difference in bringing back to ourselves and to the world the order and sanity we all crave.

Do not doubt that our work of personal tikkun plays an active and transformative role in the tikkun of the world. If we continue to blame others for our fears and anger we will contribute negatively to our own, our community’s and the world’s future. If, as did the Maccabees, we trust in the power of tikkun to reach sanity, order and peace, we will add our light to the illumination of the great Tree of Life.

When faced with the apparent absence of light, look within. Light will appear because You are the light. Use your inner light to ignite the Tree of Life  (Menorah tree or Christmas tree).  Inner activism is as important as outer activism.


Exercise | Lighting the Tree of Life

Close your eyes, breathe out 3 times counting from 3 to 1, seeing the numbers. See the 1 as tall, clear and bright.

Imagine that on the longest darkest night of the year you stand at the foot of the Tree of Life. You can barely distinguish its silhouette, but you can smell its aroma and touch its bark.

Breathe out. Look up into the sky, stretch your arm up to find your star and catching a spark from its light, ignite the candle in your heart.

Breathe out. Take your candle from your heart and as you climb up the tree light the candles on each branch of the Tree.

Breathe out. Light the star at the summit of your tree.

Breathe out. As you come down touch your flame to the lit star at the top of the tree, and to each lit candle, until the spark in your hand has become a huge and shining light.

Breathe out. Standing at the foot of the Tree, put the huge and shining light into your heart. Now that the Tree and your heart are lit up, what happens when you look at the Tree?

Breathe out. Open your eyes.

Let us join with all the people in the world longing for sanity and peace, who are willing to sweep away their doubts, put aside their fears and hostile belief systems. Let us hold hands and let our hearts shine. Together we can repair the world.

Happy Feast of Light,

Catherine

関連記事

  1. 私たちの夢のコミュニティ

  2. ぺたんこの宇宙の中の愛 by Catherine Shain…

  3. サマー・レボリューション

  4. 自由は体の中にある